日本塗装工業会について紹介しています。

日本塗装工業会とは?

日本全国の建設塗装工事業者の約2500社で結成された「一般社団法人日本塗装工業会」は、昭和23年に設立し、60年以上にもわたって日本の塗装業界の技術と発展を支え続けている団体です。

 

「一般社団法人日本塗装工業会」は、全国47都道府県にそれぞれの支部を持っているので、結束力がとても高く、情報交換や奉仕活動なども、全国的規模で実施しています。

 

平成12年には「ペインメンテナンス」と呼ばれる、塗装による住宅のメンテナンス方法を提唱し、住宅における塗装の重要さについて知ってもらうキャンペーンも積極的に行っています。

 

「一般社団法人日本塗装工業会」に加入している塗装業者では、このペインメンテナンスを実施することで、「品質保証書」を発行し、住宅塗装の一定の品質を確保することで依頼者の信頼を得ています。

 

また、ペインメンテナンスの施工実績が高い業者をランク付けすることで、全国的に見ても技術の高い塗装業者がどこにあるのか、分かるようになっています。

 

また、11月16日は「いいいろ(1116)塗装の日」と定め、ボランティア活動なども実施しています。

 

特に、「らくがきなくし隊」という活動では、街中に描かれた壁面のらくがきを消すという塗装業者ならではの事業で、地域に貢献しています。

 

「一般社団法人日本塗装工業会」の活動は、NHKの番組でも取り上げられたこともあり、全国の塗装業者の志の高さが伺えます。「一般社団法人日本塗装工業会」のホームページでは、塗装についての知識も得られ、住宅塗装のカラーシミュレーションができるコンテンツもありますので、ぜひ参考にしてみましょう。

日本塗装工業会とはエントリー一覧