下請けの塗装業者に丸投げされると価格が高くなる

下請けの塗装業者に丸投げ

塗装業者の中には、自社では塗装工事を行わず、下請けの塗装業者に丸投げしてしまう場合があります。

 

塗装業者とは名ばかりの、営業だけを請け負う会社です。

 

そのような会社に塗装工事を依頼してしまうと、無駄な中間マージンを取られてしまうため、直接塗装業者に依頼するよりも高い料金になってしまいます。

 

また、営業だけを行っているため、専門的な技術や知識はほとんど持ち合わせていません。

 

実際に工事を行うのは別の会社になるので、打ち合わせの時の話が食い違ってしまうことがあります。

 

見積書についても、細かい質問や内容に関して回答できない可能性があります。

 

そのような営業に限って、依頼者のお願いに対して「何でもできます」と言う事が多いようです。

 

塗装の工事に専門的に従事している会社であれば、無理な依頼に対しては明確に「できない」と答えることができます。

 

価格についても、他の塗装会社と比較して無謀な減額を実施する場合があり、他社と同じ条件でいきなり価格を下げられるようなものではありません。

 

そのような時は、下請けの塗装業者が不当な条件で請け負っているかもしれません。

 

不当な条件で請け負っている下請けの塗装業者は、利益を得られないため仕事を手抜きしてしまうこともあります。

 

下請けに丸投げをするかどうかについては、営業に来た人が、質問にきちんと答えられるかどうかがポイントです。

 

もし、工事が始まっているならば、営業マンが現場に顔を出しているかどうかもポイントになります。

 

打ち合わせの時は調子の良いことを言っていても、実際の工事には反映できないことがありますので、見積もりや打ち合わせの段階で見極められるよう、塗装工事についての基礎知識を持っておくようにしましょう。

下請けの塗装業者に丸投げエントリー一覧