外壁塗装の訪問業者にクーリングオフは

外壁塗装の訪問業者にクーリングオフはできるの?

突然のしつこい塗装業者による営業にひっかかってしまい、ついつい契約をしてしまったけれど、解約したい…という場合には、クーリングオフを適用させることができます。

 

クーリングオフとは、訪問販売や電話勧誘などの特定商取引法で定められている販売法で契約をした場合に、契約後8日以内ならば、理由にこだわらず解約することができるようになっています。

 

万が一、塗装業者が塗装工事の段取りをしてしまったり、工事に着手してしまっていたとしても、「現状復帰義務」が販売者側にありますので、解約することは可能です。

 

強引な業者になると、「特別価格で提供しているから解約できない」などと言って、解約を阻止される場合もありますが、基本的にはクーリングオフの対象になりますので、消費者センターなどに相談をした上で手続きを取れば確実です。

 

クーリングオフは、契約をした日から8日以内という期間に制限がありますので、少しでも過ぎてしまうと、一切無効になってしまいます。

 

また、必ず「書面」での解約通知が必要で、所定の内容を記載した書類を、販売者側に発信しなければいけません。

 

悪徳業者になると、「そんな書類は届いていない」と解約をはねのけてしまう場合がありますので、郵送をしたことを明確に残すために、「内容証明郵便」として発送してもらうようにしましょう。

 

内容証明郵便を使えば、郵便局にも郵送をした内容について証明が残りますので、同様の書類が届かなかったという理由は使えなくなります。

 

また、加えて「配達証明」をつけてもらえば、いつ販売者側に届いたかが証拠として残りますので安心です。

 

しつこい悪徳業者に引っ掛かってしまったら、一人で悩まずに、まずは消費者センターに相談しましょう。

外壁塗装のクーリングオフエントリー一覧