外壁塗装の手抜き工事や悪徳業者に注意しましょう

外壁塗装の手抜き工事や悪徳業者には要注意です。

塗装工事で怖いのが、悪質な塗装業者に工事を依頼して、手抜き工事をされてしまうことです。

 

悪質な塗装業者は、できるだけ工事の手間を省いたり、塗料をケチったりして、不当に料金を請求します。

 

しかし、素人が仕上りを見ただけでは、手抜き工事かどうかを判断することが難しいものです。

 

このような手口には、依頼者側に塗装工事に関する知識がないと、簡単に悪質な塗装業者に引っ掛かってしまいます。

 

ぜひ、悪徳業者を見分けるポイントを抑えて、せっかくの工事でトラブルに巻き込まれないように心構えをしておきましょう。

 

まず、飛び込み訪問で営業をかけられた場合、「今、壁を塗り直さないと、家がたいへんなことになりますよ」と大袈裟におどしてくる場合があります。

 

実際に、早めに塗り直した方が良いという時もありますが、異常にしつこく、すぐに契約させようとする言い方の場合には注意するべきです。

 

もし、見積もりをとるときには、必ず無料で見積もりを出してくれるかを確認しましょう。

 

一般の塗装会社は、見積もり自体は無料ですので、見積もりが有料である塗装会社は、遠慮をした方が無難です。

 

また、見積もりの内容が曖昧なもの、「塗装一式○○円」としか書かれていないものは要注意です。

 

信頼できる塗装工事の見積書には、何にいくらかかるのか、明確に書かれています。

 

もし、曖昧な見積書の場合には、「1平方メートルあたりいくら」「ペンキ缶はいくつぐらい使うのか」など、細かく質問をしてみましょう。

 

このような質問に、しっかりと答えられない、回答を面倒がるという塗装業者は、別の下請け業者に丸投げする可能性がありますので、気をつけましょう。

外壁塗装の手抜き工事や悪徳業者エントリー一覧