外壁塗装のパック料金は注意が必要です。

外壁塗装のパック料金には気を付ける

通常、住宅の塗装を実施する時に出してもらった見積書に準じて工事を実施する場合には、追加料金が発生することはありません。

 

しかし、塗装工事を実施中に、依頼者側から雨樋や鉄部の塗り直しなど、塗り直しの箇所を追加して依頼をした場合には、料金が追加されます。

 

塗装工事を実際に進めていく中で、塗装業者から「バルコニーの手すりが劣化していますが、一緒に塗り直しをしますか?」というように、見積書には含まれていない部分については、必ず確認があるはずです。

 

勝手に塗り直しをして、追加料金を請求するような業者もありますので、注意が必要です。

 

特に、パック料金を提示している業者は、詳細な料金を明記していない場合、こちらが思ってもいない追加料金を請求してくることがあります。

 

見積もりを取り、塗装の工事を進める前に、「追加料金は発生しないか?」「支払うのは見積書に示されている金額だけか?」とハッキリ確認しましょう。

 

また、「万が一、追加料金が発生しそうな場合には、必ず依頼者に確認してもらうようにする」ことを、塗装業者に伝えておきましょう。

 

勝手に追加されても、こちらに支払う気がないと、トラブルが発生する原因にもなってしまいます。

 

もし、塗装工事中に、追加の案内をされた場合は、簡単にOKを出すのではなく、再度追加料金を含めた見積もりを出し直してもらい、実施を検討した方が良いでしょう。

 

見積書を出し直してもらえば、紙面で残るため、後でトラブルの発生を少なくすることができます。

外壁塗装のパック料金には注意エントリー一覧