家を塗装するのに資格があります。

家を塗装するのに資格があるって本当?

塗装の仕事には、塗料の扱い方や塗装方法などの専門的な技術を要します。

 

そのため、国が定める職業能力促進法に基づいた試験と通じて、国家資格を取得することができます。

 

塗装業の国家資格は「塗装技能士」と呼ばれ、木工塗装や建築塗装、金属塗装などの各分野にそれぞれ2級と1級が設けられています。

 

専門知識と技術を身につけているかどうかを、試験によって合否が決められます。

 

塗装業は、資格や許可がなくても始めることができますが、「塗装技能士」を持っているかどうかは、塗装業者の品質の上で1つの大きな指針になります。

 

特に「塗装技能士」は、知識と技術の両方から試験を行うため、1級を取得することが難しいものになっています。

 

国家資格を持っている塗装業者は、技術と知識に自信があるので、ホームページやチラシに掲げられていることが少なくありません。

 

もし、不安な場合には、資格を持っているかどうかを聞いてみるのも良いでしょう。

 

また、「有機溶剤作業主任者」という資格は、塗料やシンナーに特化した知識を習得するためのもので、塗装の全体的な知識や技術以外に、塗料自体の専門知識を持ち、安全に使用することができる人に与えられる資格です。

 

「塗装技能士」に加えて「有機溶剤作業主任者」を取得している塗装工は、塗装業に関する知識や技術を、きちんと学び、意欲的に習得している人と判断することができます。

 

ただし、資格ばかりで判断するのは良くありません。

 

見積書の作成方法や対応の仕方など、総合的な見方で良い業者かどうかの判断をするようにしましょう。

家を塗装するのに資格があるエントリー一覧